仁義


昔のヤクザ映画が好きだ。深作監督の仁義なき戦いは一番好きな映画である。
シリーズすべて何一つ飽きさせない。
仁義って何だろう。
世の中が仁義なき戦いの様相を見せる中、
自分だけは仁義を信じて行きたい。

関連記事

elmarit90mm/f2.8….


elmar65mmのせいでほとんど出番がないですが、それにしても撮ってみると、いいレンズですね。
ピンは浅いですが、、、、
関連記事

3.5ズマロンとは?


十分実用的なレンズである。
関連記事

NEW summaron35mm/f3.5


これまで使った3.5のズマロンのうち,一番いい個体である。
関連記事

やはり1/8は厳しい。


ISO100にしてF4.5だと1/8は厳しいかな。
向こうでポーズとってくれた(?)女の人に申し訳なかった。
関連記事

swc…はまるとすごい。


SWCは難しい。一見スナップに向いているように見えるが、
使ってみるとやはりきちんと構図を決めてから撮るべきであろう。
一方で何も考えず撮る時には最高のカメラである。
関連記事

8枚玉


いい意味でも悪い意味でも自分にとっては大きな意味ある一枚である。
それが8枚玉でなければ何の意味もなかったと思う。
それくらい、我々は写真に集中するのではなく、レンズやカメラばかり気にしているからである。
確かに、自分に相性がいいレンズはあるが、、、、
関連記事

M9-P,elmar65mm


弟子にしたいが、どうなるやら。。。。
関連記事

お気に入りの一枚



hassel500c,c80mm/f2.8
関連記事

毎日が修業


私の情熱は写真からお茶に変わったと思います。
しかしよく考えると、本質は何一つ変わっていません。
ここ2ヶ月の間、毎日、お茶碗を煮て、抹茶を吞み、
日差しに乾かすことを繰り返しています。
また鉄釜や鉄瓶にお湯を沸かすことを1年続いています。
暑い夏にも所用がない限り、続けていました。
写真とお茶の共通点は相手と私と常に関係(相応)していること、
また忘れかけている感性を磨き続けられることです。
生きるということは、まさに戦いと抵抗です。
今日、お茶碗は私に答えてくれた日です。
無垢な白い肌は見事に変わっていました。
関連記事
プロフィール

northeast dragon

Author:northeast dragon
札幌在住の40代の男です。
万年筆とお茶、読書が趣味です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
elmar (1)
nikon (8)
canon (2)